トップページへ  
トップ はじめての方 店舗情報 着信ライブ映像 動画ライブラリー 女性体験談

ペンネーム
Eメール
タイトル
体験談

バツイチ女

俺のセフレ女は2人の子供を育てながらも1度結婚に失敗しても懲りもせずに婚活中で新しい旦那に成る人を探して居るのですが、 彼女は婚活中で有りながらも体が疼くと俺にメールして来る度に抱いて欲しいのと言っては俺のチンポを口にくわえジュル〜ジュル〜としゃぶりながら片手はパンティの中に入れオナニし始める始末です。
このバツイチ女と知り合ったのはボイスメイトで会う度にセックスする様に成り私の良い性処理女として扱われも彼女はセックスの快楽が忘れられず今度は何時会ってくれるのと言うのです。
のりお 2015/02/07(Sat) 16:34 No.9

佳代

佳代は旦那と5年近くセックスレス状態らしくすぐに待ち合わせをし車に乗せ夜景が見える駐車場で助手席のシートを倒しスカートの中に手を入れ触ってやると直ぐに濡れ指をマンコに入れ掻き廻すと佳代はあぁ〜あぁ〜逝っちゃう〜あぁ〜逝っちゃう〜体を仰け反らせ喘ぎ大量の潮を吹き出し逝ってしまいました。

助手席でぜぇ〜ぜぇ〜呼吸を乱し余韻に浸って居る佳代の手を掴み私の股間に押し当て触らせると佳代は一瞬抵抗をしたもののズボンの上から触ると自らからベルトを外しファスナーを下げズボンとボクサーパンツを膝迄下げ半立ちのチンポを舌先でピチャッ〜ピチャッ〜舐め廻すとパックリと口に入れジュル〜ジュル〜舌を絡ませしばらくシャブリ佳代は私に股がり対面騎乗位で自ら腰を動かしあぁ〜あぁ〜おマンコ気持ちいいよ〜あぁ〜あぁ〜髪を振り乱し喘ぎ始め佳代のマンコからはヌチャ〜ヌチャ〜卑猥な音が狭い車内に響き私の上で喘ぐ佳代に我慢出来ずピュッ〜ピュッ〜ピュッ〜と発射してしまいました。

佳代は何処の誰とも解らぬ私に抱かれ子宮に濃いザーメンを浴び中に出すなんて信じられないと怒って居ましたが、 佳代の中で発射後しばらくすると萎え抜けたマン汁とザーメンが付いたチンポをティッシュで拭き取り己のマンコから流れ出るマン汁とザーメンを何度でもティッシュで後始末し終わるともうエッチしたから気が済んだでしょうと言って駅前のコンビニ迄送って欲しいと私に言うと佳代はハンドバッグからハンカチを取り出しパンティの中に入れたのです。

車を運転しながら佳代に何故ハンカチをパンティに入れたままなのか聞くと佳代は未だ貴方の出したザーメンが流れ出しパンティが濡れるからよと言い終わると万が一妊娠した時には貴方にお金出して貰うから携帯番号とメールアドレスを教えてと言われ私が名刺の裏に携帯番号とメールアドレスを書いて渡すとそれを見た佳代は貴方の会社は○○○スーパーの近くなんだと言ったのです。

私の名刺を見ただけで会社の場所を言い当てた佳代に良く会社の場所や○○○スーパーが近くに有ると解るねと聞くと佳代は家の近所だしそのスーパーでパートだけど働いて居ると言ったのです。

佳代が勤めるスーパーへ数日後の昼休みを利用し行くとレジで働く佳代を見付て飲料水に紛れ混ませコンドームをかごに入れ佳代のレジに持って行きお金を払う時に仕事が終わったら連絡してと伝え会社へ戻り何時でも出掛けられ様に準備をして佳代からの連絡を待ちました。

佳代から午後3時過ぎに連絡が有り5時迄なら会えると言うので車で近くのコンビニ駐車場へ迎えに行き人気の無い場所に車を止め佳代にコンドームの箱を渡しズボンとボクサーパンツを脱ぐと半立ちのチンポを佳代は亀頭、裏筋をピチャッ〜ピチャッ〜舌先で舐め廻しパックリと口に入れジュル〜ジュル〜ジュル〜舌を絡ませシャブリながら昨日からあれでエッチ出来無い替わりにお口に出して良いからと言って口に入れ頬を凹ませ頭を上下に激しく動かし私を逝かせ様とする佳代に我慢するだけ我慢し佳代の頭を両手で押さえ付けピュッ〜ピュッ〜ピュッ〜発射すると佳代はうぅ…うぅ…ゴックン〜ゴックン〜ゴックン〜と喉を鳴らし飲むのを確認して手を離すと佳代は貴方のザーメン濃くて美味しいよと言って今日はエッチ出来無くてゴメンねと謝る佳代に次はいつ会えると聞くと佳代が生理が終わったら連絡するからと言うのでその日はフェラだけで我慢してコンビニ駐車場で別れました。
2015/02/07(Sat) 16:49 No.8

ボイス宇都宮

聡美と知り合ったのはボイス宇都宮。
俺(K)26歳、聡美32歳。聡美には旦那がいましたが子供はおらず、俺には大学時代から付き合っていた彼女がいました。

自己紹介を済ませた後、お互いの事とか話して、当然の流れでお互いのパートナーとの事について話し始めました。
俺はまだまだ遊びたい盛りでしたが出会いがなく、また当時付き合ってた彼女が俺の初体験でしたので、他の女性とも体験してみたいという気持ちも強かった時でした。
付き合ってた彼女も俺が初体験だったので、俺のエッチがイケてるのかイケてないのかもわからず悶々としてるということを聡美に相談しました。
聡美のほうはと言うと元々エッチは好きなんだけど他の人と知り合う機会もなく、時々ポストに入っていたよくわからないいかがわしいチラシに恐る恐るかけてみたとのことでした。
会話は聡美が年上なので俺に対してお姉さんぶりを発揮。
その内エッチな話をして盛り上がると、「もしよかったら私がKくんのエッチ評価してあげよっか?」と言ってきました。
俺はもちろんOKと即答(笑)早速待ち合わせ。
聡美が車を停めておくのはまずいとのことで俺が誰にも見られないよう素早く助手席に乗り込み、「はじめまして♪」とお互い挨拶。
ドライブ中はその日何があったとか適当に喋り、国道沿いにあるラブホの前で聡美が「ここでいい?」と聞くので、いいよと答えました。

車を降りて部屋に入ってからやっと聡美の全身姿を見ることができました。
身長は160cmくらい。細身でもなく、太めでもない普通体型。髪はショートで目が大きい歳の割りに可愛いタイプでした。
正直こんな女性もテレクラやるんだ〜と思いました。
聡美に見とれていると「Kくん、先にシャワー浴びなよ♪」と言われ、「聡美さんは入らないの?」と聞き返すと、「Kくんの後に入るよ」と笑顔で返事。
「じゃあ一緒に入らない?」と聞くとそれだけは勘弁という返事。
機嫌を損ねられても困るので素直にシャワーを浴び、出てくると、「ベットで待ってて」と言い、聡美はシャワーを浴びに行きました。
俺は全裸でベットに入るのは恥ずかしいので、トランクスだけ履いてベッドの中でスタンバイ(笑)
数分後、聡美がシャワーから上がると、聡美は俺の横側からベットに入ってきました。

聡美のほうを見ると聡美は全裸!
そりゃ今からエッチするのに下着はいらないよね…と思い、俺は恥ずかしくてトランクスを履いたのに全裸の聡美を見て逆に恥ずかしくなりました(苦笑)
それを聡美に見透かされ、「恥ずかしいんだ〜♪かわいいね(笑)」と言われ、俺はさらに恥ずかしくなる結果に(汗)
そうこうしているうちに、聡美は仰向けに寝てる俺にディープキス。最初は軽くフレンチキスし、その後、一気に舌を入れてきて、音が聞こえるほど激しくディープキス。
そしてそのままキスを下にスライドさせ、俺の乳首をなめながら、上手にトランクスを脱がせていく。
いきり立ったペニスを優しく手で包み込みながら、俺も聡美のDカップの胸を優しく揉む。
「あ…ぅん」と聡美の吐息が聞こえはじめ、体勢を交代。
聡美が仰向けになり、初めて聡美の身体全身を見る。
胸も綺麗な円形お椀型、綺麗な肌色で乳首も綺麗なピンク。思わず乳首をむさぼりつきました。

「ぁっ…!」
舌で優しく乳首を転がしながら、右中指で聡美の割れ目を撫でる。
「あっ…そこっ!」
中指でクリトリスをいじり、舌も徐々に聡美のヴァギナに向かって下げていく。
そしてクンニ。俺はクンニが一番好き。クリトリスを舌で転がしながら聡美の乳首をつまむ。
「あっ…そこ弱いの〜!」
そして、乳首を摘みながら左中指をお○んこの中に入れていき、中指を曲げて出し入れ。
「あぁぁ!きもちいい〜!Kくん、きもちいい〜よっ!」
彼女に効果的だった愛撫が聡美にもイケることが嬉しく、1時間くらいクンニを続けました(笑)
何度か「だめっ!イクっ!イクー!」と聡美がのけぞり、イかせることもできました。
ただクンニに集中するあまり、緊張してたこともあり、俺のペニスが小さいまま(苦笑)
その為クンニを続けてたのですが、聡美の喘ぎ声を聞くと、ムクムク(笑)
クンニを続けながらゴムを装着し、「お願い、もう来て〜」という聡美にゆっくり挿入。

「あぁぁ〜!きもちいぃ〜」
聡美の声があがる。
最初ゆっくり、徐々に早く激しく腰を動かす。いつも彼女にするように。
「あっ、あっ、あん…」
聡美の声とぬちゃっぬちゃっというエロい音が混じる中、正常位→座位→バックと体位を変える。
しばらくの間体位を変えながら、聡美のおま○こにペニスを激しく出し入れしてるとさすがに限界が近づく。そろそろヤバくなったころに
「イクよ、聡美さんっ」
「いいよ、イッて!」
その言葉を聞いてさらに腰の動きを加速、
「あんっあんっあんっ、あっあたしも、、あっ、、イクっ!」
一際大きな声をあげて動かなくなる聡美を見て、俺も聡美の中でゴムの中に放出しました(笑)
「はぁはぁ、すごいよKくん、エッチ全然問題ないよ…」
その言葉が今でも自信に繋がっています(笑)
ただ、その後、聡美が、「じゃあ次はあたしが女を味わせてあげる♪」
といい、ペニスからゴムを外し、小さくなったペニスをいきなり口に含み、激しくフェラ。
ペニスは見事にムクムクと大きく(苦笑)仰向けに寝てる俺にまたがり、ペニスを掴んで聡美自身のヴァギナに埋めていく。
「…うっ」
俺は気持ちよさにうめくが聡美は「はぁ…あ〜ぁきもちいぃ〜♪」と一気に腰を落とす。
つまりナマで聡美に入ったわけで。
それから聡美は両手を俺の胸にあて、体を支えるように体重を乗せ、前後上下に激しくグラインド!
これがめちゃくちゃ気持ちよく、さすが人妻と思わせる激しさで腰を振ってくる。


初めて会った日のエッチでは俺がイク寸前まで聡美は腰を振り、俺がイク時に聡美がスッとよけて、俺の精子を聡美の手にとってもらいましたが、2回目に会った時は、
「ねぇKくん、血液型なに?」
と騎乗位中に聞かれ、「O型だよ」と答えると、「ならよかった♪」と聡美が微笑み、腰の動きが加速した。
騎乗位のままヤバくなり、「聡美さん、ヤバい!イクっ!」
と言っても、「あたしもイクっ!イクっイクーっっ!!」と絶叫。
俺は我慢できず、思いっきり聡美の中で出しちゃいました(苦笑)
それと同時に聡美もイき、力が抜けたように俺に倒れ込むように抱きついてきました。
しばらく余韻に浸り、その後俺は聡美を優しく抱きしめ、撫でてました。
そして落ち着き始めた聡美は俺に「Kくん、大丈夫だよ♪気持ちよかった♪」
と言われ俺は素直に喜びました。
「ありがと♪でも中で出したけど大丈夫?」と俺が聞くと、
「大丈夫♪さっき血液型聞いたけど、実はあたしはA型で旦那がB型だから子供はどの血液型でもおかしくないのよ♪でも一応聞いておこうと思って♪」

この時はさすがに俺もビックリしました(笑)子供できても大丈夫というわけですから(苦笑)
結局その後の3発目も中に出し(ちなみに中出しはこれが初体験(^^ゞ)、その後も会ってエッチしましたが、
「もし子供ができたら会えないね〜」と何気なく言われた時が最後となり、音信不通となりました。
ほんとに子供ができたのかな?もしかすると俺の知らないところに子供がいるのかも…と思うと、今もゾクッとします(苦笑)
2015/02/07(Sat) 16:26 No.7

4年レスの人妻

最近惨敗続きでしたが下手な鉄砲も数打ちゃ当たるの精神でよっぽどひどくなければ良しととにかくアポに繋げていたところ4年レスの人妻と遭遇しました。生はダメとのことでしたが感じてくると自ら生での挿入を要求。久しぶりのセックスが良かったのか何回戦もせがまれ正直押され気味でしたが最高でした!

惨敗が続くと嫌になるけどたまに当たりがあるからやめられない。
たか 2015/02/07(Sat) 16:23 No.6
▲ Page top
出会い、リラクゼーション、テレクラ、DVD鑑賞、試写室、ビデオBOX、男の隠れ家
Copyright 2013 (C) VoiceMate Group All Right Reserved.

- LightBoard -